ジャズ&ポップス・ピアノ

 

トップ ページプロフィールレッスンスケジュールライター

                                                      お問い合わせ

初心者のかたに…

ジャズ・ピアノは、譜面を見ながらその通りに忠実に弾くクラシックと違い、音楽を導くものは自分自身
`\(o)/´ 「譜面が読めない上に、自分自身で導いていくなんて…」そう心配することはありません。
「譜面がないと心配で…。譜面さえあれば弾けるんですが」というのはクラシックをやって来た方の言い分。譜面が読めるからこそ、譜面を頼りにしてしまうのです。そして「譜面がなければと弾けない」という限界を、自分で作ってしまうんです。
譜面がはじめから「読めない」なら、そんな心配もいりません! 読めなければ、“ない”のと同じですもの。

乱暴な論理で申し訳ありません。
譜面が読めない人は、読める人以上に導くもの、頼りにするものがないんですから、不安は当然でしょう。

ジャズをやるにしても、もちろん譜面が読める方がよいのですが、仮に読めなくても出来るというところが
ジャズのいいところ、懐の広いところです。

ジャズ、ポップスを弾くのに最低限必要なことは、
 メロディをアタマで歌える(覚えている)
 そのメロディが乗っているハーモニー(和声)、その和声の流れがわかる(コード進行を読み取れる)

「メロディを覚えている」ことはカラオケ音痴オヤジでさえ出来ることですから、「ジャズを演ろう」という前向きなアナタなら当然出来ます。
問題はそのメロディにコード進行を見出すことです。
シンプルなメロディであれば、それが聞こえるそばから、メロディを違和感なく乗せて流れる「基本」ハーモニーも同時に浮かんでくる。そういう能力、基本的「ハーモニー感覚」を身につける方法を、レッスンで学び取ります。

左手で和音、右手でメロディが弾けたら、そこから徐々に膨らませていくのです。
一定のテンポで「左手で和音(全音符でok)を押さえ、右手で単音メロディを弾く」が出来たら、
“弾けた”といえます。
これが「弾けた!」と言えるの一番最初の演奏であり、そこから「徐々に膨らませていく」各段階が
その人、その人のレヴェルということになります。
「どのくらい膨らませられるのか」がその人のレヴェルというワケですが、「ひとつの演奏(合奏)」に、
レヴェルに差がある者が同時に参加することも、ジャズの場合は、出来ます。

ジャム・セッションに参加してみましょう。いろいろと様子がわかります。

中級者、上級者のかたに…

すでにコード進行を知っている、いくつかレパートリーを持っている、ジャム・セッションに参加しているという中級以上の方には、イントロ、エンディングを独自にその場で弾くことが出来る相手の演奏に反応する、反応出来る応用力を高める、音楽に自分なりの色をつけるなど、様々な表現力を高めます。

なにかと心配事の多い初心者の方のために多くの字数を割きましたが、腕自慢の上級の方であっても
アイデアの引き出し」はいくらあってもありすぎることはありません。
またそれらの豊富なアイデアを出しまくるのではなく制御するセンス瞬時の決断力、言葉では説明できないリズム感、グルーヴの高め方など、さらなるレヴェル・アップを目指します。


 


Copyright(c) 2004 My Company. All rights reserved.